(株)橘工芸 公式サイト

「猫つぐら本舗」は(株)橘工芸が運営する、新潟の伝統民芸品「猫つぐら(猫ちぐら)」専売サイトです。

良寛の里・出雲崎 玄間 隆 名人の「おデブちゃん用 猫つぐら」が、新たに商品に加わりました。(受注生産品)  ご注文をお待ちしております。           良寛の里・出雲崎 玄間 隆 名人の「おデブちゃん用 猫つぐら」が、新たに商品に加わりました。(受注生産品)  ご注文をお待ちしております。

玄間 隆 名人の「おデブちゃん用 猫つぐら」

「うちの猫ちゃん 体重 8kg ですが、猫つぐらに入りますでしょうか?」
このような お問い合わせをいただくことが多々あります。
私共サイトでの取扱品は、かなりゆったり空間で作成しておりますが、このたび思いっきり大きなおデブちゃん用 猫つぐらを規格品にしました。

「おデブちゃん用 猫つぐら」とは?

上記 8kgのおデブ猫ちゃんも、
この通りゆったり。

4kgの猫ちゃんなら、こんなにゆったり。

玄間名人の「おデブちゃん用 猫つぐら」は、良寛の出生地で知られる新潟県出雲崎町の限定田で育てられたコシヒカリわらを原料に作成されております。
特徴として、上部からの耐荷重を高めた特殊構造を用いております。 入口のタテ側にイグサを編み込み、ほつれ防止効果を高めています。

猫つぐら本体の重さ 9kg になります。持ち運びを楽にするために取っ手を2つにしています。猫ちゃんの耳のように見えませんか。
名人作ですから、編み目の美しさは言うまでもありません。

↓ 画像クリックで、別ウィンドウに拡大画像を表示します

おデブちゃん用 猫つぐら(超特大)(猫ちぐら)- 猫つぐら本舗

〜 ご購入 お客様の声 〜

先日は素敵な猫つぐらをありがとうございました。
超特大(玄間 隆 名人のおデブちゃん用 猫つぐら)を注文したものの、実際に商品が届くまで本当に入るだろうかと不安でしたが、つぐらを見てあまりの大きさに笑ってしまいました。
これならデブ猫と他の子も一緒に入れると大満足です。
 (中略)
取っ手を2カ所にしていただいたお陰で持ち運びしやすく助かりました。

商品詳細

良寛の里・出雲崎 玄間 隆 名人の 

おデブちゃん用 猫つぐら(超特大)

床直径52〜53cm・高さ約53cm (入口高さ約20cm・幅約30cm)
(10キロくらいの体重の猫ちゃんでも入れます)

送料・代引手数料 無料  ¥49,800- 税込
 (本体価格 46,111円、消費税 3,689円)

ご注文ページ

おデブちゃん用 猫つぐら(超特大)
只今の納期 3ヶ月です。

● ご購入時の注意

  • お支払い方法は、代金引換のみです。(送料・代引手数料 無料)
    代金は商品配送時に配送員にお支払い下さい。

  • お届けの準備ができましたら、メールにてご希望お届け日時をお伺いしております。

  • ご注文後のキャンセルはご容赦ください。

  • 土曜・日曜・祝日は、ご連絡商品の発送をお休みさせていただきます。ご了承ください 。

ご注文から商品お届けまでの流れ

ご注文から商品お届けまでの流れ
ご注文ページ

猫つぐら(猫ちぐら)に関して、よくある質問

「猫つぐら(猫ちぐら)の歴史は?」
農家の人に聞けば、明治・あるいはそれ以前から作られていたようです。より快適に猫が住めるように、今の意匠になったようです。

「猫つぐら(猫ちぐら)の材料は?」
100% 天然の国産わらを使用しています。
わらは保湿性が高く通気性があるので、冬は暖かく夏は快適です。わらは生きた天然の素材です。

「猫つぐら(猫ちぐら)の手入れ方法は?」
湿気の少ないところに置いてください。
中にタオルを敷くと掃除が楽です。
濡れたタオルで拭いてもかまいませんが、その際は風に良く当てて乾燥させてください。

「猫つぐら(猫ちぐら)にカビは生えない?」
湿気が多く風通しの悪い場所に置きますと、カビが発生することがあります。
その場合、風に当てたり布団乾燥機で乾燥させてください。その後ブラシ等でカビを払ってください。

「ダニは?」
乾燥したわらを使用していますが、使用環境によっては他からダニが入り込むこともあります。
ダニが目立つ時は殺虫剤を使用するよりは布団乾燥機による熱風乾燥の方が安全で大きな効果を発揮します。

「日光は?」
直射日光で干すことは、乾燥させるという点でカビやダニに効果があります。
しかし、長時間当てるとわらが痛みますのでご注意ください。

「爪とぎは?」
爪とぎをする猫もいると思いますが、その際は叱ってしつけてください。
爪をといでも多少ボサボサになるだけで形が崩れることはありません。ひとつひとつ編みこんであるので頑丈です。

「ちゃんと中に入るの?」
猫の本能上、狭い所や暖かい場所が好きなので、喜んで中に入ります。
しかし、人間のベッドで一緒に寝るような猫はその本能を失っている場合が多いので、遊びで入っても寝る時にはご主人の布団に入る場合が多いようです。 箱や籠を住みかにしている猫にとっては最高の贈り物です。
ご注文ページ